安倍元総理のSPは誰?人数は?襲撃時の警備が無能との声多数!

安倍晋三元総理大臣が襲撃された事件は世間を驚かせています。

安倍晋三元総理大臣の襲撃時、SPは何をしていたのでしょうか?

その時のSPの様子や警備体制はどうなっていたのか、世間の声をまとめて紹介していきます!

目次

安倍元総理大臣が襲撃!

2022年7月8日、安倍晋三元総理大臣が演説中に男に銃で撃たれ、病院へ緊急搬送されました。

その後、8日の17時ごろ、安倍晋三元総理大臣の死亡が確認されました。

8日午前11時半ごろ、奈良市内で街頭演説をしていた安倍元首相が銃撃され、山上徹也容疑者(41)が殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

引用元:カンテレ

銃撃の際、一体SPはいたのでしょうか。

襲撃時どのような体制で警護していたのか、この後紹介していきます!

安倍元総理大臣の襲撃時SPは誰?人数は?

安倍晋三元総理大臣は、7月8日の演説時、東京から警視庁警護課のSPが随行していました。

また、奈良の「大和西大寺駅」駅付近の事件現場でも、奈良県警の警備担当者とともに警護に当たっていたとのことです。

今回、奈良県を訪れた安倍元総理には警視庁警護課のSPが東京から随行し、演説の現場でも奈良県警の警備担当者とともに不審者の警戒などにあたっていました。

引用元:TBS NEWS DOG

その後2022年7月12日、当時の警備体制についてSPは1人で、他に複数人の奈良県警の警官で警備をしていたことがわかりました。

県警本部や奈良西署の警察官に加え、東京から随行している警視庁警護課のSP(要人警護官)1名が安倍氏の警護に当たっていたという。

引用元:NEWSポストセブン

安倍元総理大臣のSPに対する世間の声

今回の事件で、安倍元総理大臣のSPに対する世間の声を紹介します。

安倍晋三元総理大臣のご冥福をお祈りします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる